不動産売却の流れを紹介します!

 

不動産売却は約三カ月間はかかると言われてます。いろいろなフェーズを乗り越えて売却に至りますので、まずは流れを知っておくことが大切です。 それぞれの流れのなかで必要な手続きや活動、注意すべきポイントを理解することにより、スムーズな売却が可能になると思います。

 

/不動産売却③上
不動産売却③下

 

不動産売却には3ヶ月かかるイベントです。

不動産が実際売却できるまでは 早い場合でも1ヵ月、平均すると3ヶ月はかかってしまいます。 それに売買契約が成立してから引き渡しまでの期間がさらに1ヵ月から3ヶ月かかります。

上記の数値は順調に行った場合のおおよそ目安である数値であるため 地方の田舎の物件や築30年以上経過している物件など なかなか買主を見つけるのが困難な物件に関しては 1年以上売れ残ってしまう物件も普通にあります。 不動産売却はすぐに売れるのはラッキーなことで 最低でも3ヶ月から半年はかかるものと認識しておいた方が良いでしょう。

売却のポイント
まずはあなたの不動産のそのエリアでの適正価格を把握して 1番売却するのに売りやすいとされる 売り出しの段階で売却を決めるのが理想です。 ライバル不動産の状況や新築マンション情報、又は社会情勢を踏まえ 積極的に販売活動をしてくれる不動産会社を見つけるのが重要です。 戦略的に売却できる不動産会社を見つけることも大きなポイントです。

※明らか適正価格より高い金額で売り出してしまうと 1番売れる時期とされる売り出し直後に売却のチャンスを逃してしまいます。 しっかりと適正価格を認識して売り出し直後で売り抜けるような価格設定が良いかと思います。

不動産売却の流れについてのまとめ

\不動産売却するなら一括査定/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

 

ページの先頭へ戻る