不動産売却の流れを紹介します!

 

簡単に不動産売却の流れを紹介します。 まずはでここで全体像をまずは把握してください。

 

/不動産売却③上
不動産売却③下

 

不動産売却には3ヶ月かかるイベントです。

不動産はすぐには買い手が見つからず 不動産会社と媒介契約を締結し実際に売りに出されてから買主が見つかるまでの期間は 早い場合でも1ヵ月、平均すると3ヶ月はかかってしまいます。 それに売買契約が成立してから引き渡しまでの期間がさらに1ヵ月から3ヶ月かかります。

上記の数値は順調に行った場合のおおよそ目安である数値であるため 訳あり物件や駅から離れた不便な不動産等 買主を見つけるのが困難な物件に関しては 半年、1年経っても売れず何年も売れ残りをしてしまうことも十分にあります。 不動産売却は短期的な事と考えずに 最低でも3カ月間は想定して売却活動の戦略を練るのが良いでしょう。

売却のポイント
しっかりとあなたの地域での適正価格を把握して、 1番売却するのに売りやすいとされる 売り出し直後のレインズに登録した旬な段階で売却するのが理想です。 社会情勢やライバルの状況を加味して 戦略的に売却できる不動産会社を見つけることも大きなポイントです。 戦略的に売却できる不動産会社を見つけることも大きなポイントです。

※明らかに適正価格より大幅に高い金額で初値をつけると 1番売却しやすい売り出しのタイミングを逃してしまいます。 必ず適正価格を把握した状態で売り出し直後に売れるように価格設定するのがポイントです。

不動産売却の流れについてのまとめ

\かんたんに自宅のお値段が分かる/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

ページの先頭へ戻る