簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定、どっちを選ぶべき?

机上査定と訪問査定の選び方が分からない方もいるでしょう。 簡易的な査定方法が机上査定で、おおまかな概算を見積もるためにの方法です。
また、不動産会社が査定のため実際に現地を訪れて行う査定が訪問査定です。この査定方法を選ぶ場合はより詳細な査定額を知りたい方や、売却を前向きに進めたいという方に最適です。

 

訪問査定のメリットは、不動産会社の担当の人と直接やりとりができるという点で、専門知識をここから得ることができるほか、今後の展開についての相談をすることができます。 もし売却をするのであれば、今後直接役立つ方法であるのは訪問査定です。 しかし、そこまで売却する気持ちが未確定ならば、まずは机上査定で様子を見てみるというのもよい方法です。 使い分けて利用するのもいいですね。
机上査定…大体の金額をすぐに知りたいという方に最適。
訪問査定…早く査定額を元に売却を進めたい方おすすめ。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

きちんと把握しよう!査定額は参考価格

最近は不動産一括査定サイトなども人気で、不動産会社からすぐに査定額の結果をもらうことができますが、 この査定額とは、不動産会社の買取金額ではなく、これくらいの金額で自宅が売れるのでは?という予想の価格です。 そのため、不動産会社によって判断材料が異なれば金額も異なることがあるうえ、 査定額の保証などもちろんあるわけでありません。 自宅の状態や周辺かんきによって違いが出るものですが、 査定価格の1割から2割程度ほど下の価格で売買されているというのも当然あり得ます。

 

もちろん、すべてがそうであるとは限られているわけではなく、なかには査定額を大きく上回った金額で売却しているケースもありますが、 通常は「(査定よりも)低い価格になることが多い」ということを認識して契約を考えましょう。

 

ページの先頭へ戻る