簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定の選び方

机上査定と訪問査定、この2つのどちらを選ぶべきかわからない人もいますよね。 机上査定は一般的なデータのみを頼りに見積もる方法を用いた簡易的な査定方法のことを言います。
そして、机上査定よりも詳しく正確な査定が可能なのが訪問査定です。実際に査定員が自宅を訪れて細かい点までチェックしていきます。詳細な査定を希望の方におすすめです。

 

訪問査定では、不動産会社の人と実際に会う事になるので、不動産売却に関する知識だったり、売却を有利に進めるためのポイントを聞き出すことも可能です。 売りたい気持ちが強いのであれば、ぜひ訪問査定を受けた方がいいでしょう。 しかしまだ売るかどうかも決め兼ねているなら簡易査定を利用するのも良いと思います。 状況に合わせて使い分けて下さい。
机上査定…おおまかな概算額を把握したい人におすすめ。
訪問査定…数ヶ月以内に売却が決定している場合

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定=売却額であるとは限らない!

最近話題の不動産一括査定サイトを利用すれば、査定の結果もすぐに複数社から取り寄せることが可能ですが、 ここでいう査定によって算出される金額は、これくらいの価格で売却できるのでは?という予想額であるため、買取価格ではありません。

 

不動産会社からの査定額は、不動産会社の判断基準に基づく見込価格ですが、 査定額の保証などもちろんあるわけでありません。 自宅の状態から周辺環境、地価の変動等によって色々ですが、 だいたい2割程度ほど安くなってしまったという人もいらっしゃいます。

 

その時々の市況等によっては、予想以上の金額で自宅が売れたというラッキーな人も世の中にはいますが、 査定額にばかり目をとられずに、査定額よりも低くなるといった気持でいることのほうが重要です。
ページの先頭へ戻る