簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定、どっちがいいの

机上査定と訪問査定の選び方が分からない方もいるでしょう。 机上査定は過去の取引データや土地の状況などをデータをもとにして算出する簡易的な査定方法です。
そして、不動産会社が現地に赴き、実際に状態を確認しながら見積もっていく方法が訪問査定で、具体的な査定額の算出ができるため、売却を本気で考えているなら、おすすめです。

 

訪問査定のメリットは、実際に不動産会社の担当者に会って話ができるところです。なので疑問点や分からない事があればドンドン聞く事ができます。 売却をするならば、訪問査定をするのがベストです。 しかし、売却する気持ちがそこまで高まっていないという人は、机上査定を受けてみるのも1つの手です。 上手に使い分けて下さい。
机上査定…だいたいの査定の金額を出してもらいたい人に最適。
訪問査定…数ヶ月以内に売却が決定している場合

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定価格はあくまで参考価格

不動産一括査定サイトで選出された不動産会社からの査定価格は ここでいう査定によって算出される金額は、これくらいの金額で売れるのでは?という予想額であるため、あなたが手にできる金額であるとは限りません。

 

そのため、不動産会社によって判断材料が異なれば査定額も異なることがあるうえ、 売却とイコールとなるケースもそうあるものではありません。 自宅の周辺環境や、その時々のニーズ等によって差は出ますが、 査定価格の1割から2割程度ほど下の価格で売買されているというのも当然あり得ます。

 

また一方で、状況によってですが思いがけない高額売却を体験したというケースも稀にはあるものですが、 査定額はあくまで参考価格であり、若干これよりも安くなることのほうが確立としては高いという認識を持っていましょう。
ページの先頭へ戻る