簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定、どっちがいいの

机上査定と訪問査定の選び方が分からない方もいるでしょう。 机上査定は一般的なデータのみを頼りに見積もる方法を用いた簡易的な査定方法のことを言います。
そして、机上査定よりも詳しく正確な査定が可能なのが訪問査定です。実際に査定員が自宅を訪れて細かい点までチェックしていきます。詳細な査定を希望の方におすすめです。

 

訪問査定のメリットは、不動産会社の担当の人と直接やりとりができるという点で、専門知識をここから得ることができるほか、今後の展開についての相談をすることができます。 売却するという気持ちが確かなものであるならば、訪問査定を受けるのが良いと思います。 ただし、売却することはまだ検討段階の場合には、まずは机上査定を利用するというのもいいでしょう。 今後の状況に応じて、机上査定と訪問査定を使い分けてみましょう。
簡易査定…とりあえず大体の査定額が知りたい
訪問査定…売却を近々行うという方にベスト。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定価格はあくまで参考価格

不動産一括査定サイトで利用して出た不動産会社からの査定価格は あくまで「売却できそうな価格」としての見込み的な参考価格になり買取価格ではありません。

 

そのため、不動産会社によって判断材料が異なれば査定額も異なることがあるうえ、 絶対的な保証を約束された金額であるというわけではありません。 物件により差がありますが、 1割から2割程度査定額よりも低く売られていることがケースもあります。

 

もちろん、すべてがそうであるとは限られているわけではなく、なかには査定額を大きく上回った金額で売却しているケースもありますが、 査定金額よりもやや低い金額になるという覚悟をしておくことのほうが、とても大切です。

 

ページの先頭へ戻る