簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定、どっちを選ぶべき?

机上査定と訪問査定、この2つのどっちを選ぶべきか分からない方もいますよね。 机上査定は一般的なデータのみを頼りに見積もる方法を用いた簡易的な査定方法のことを言います。
一方、実際に担当者が訪問して細かなところまでしっなら見積もっていく方法が訪問査定ですので、もしあなたが近々売却を検討しているのであれば、訪問査定を選ぶことがお勧めです。

 

訪問査定のメリットは、実際に不動産会社の担当者に会って話ができるところです。なので疑問点や分からない事があればドンドン聞く事ができます。 売却するという気持ちが確かなものであるならば、訪問査定を受けるのが良いと思います。 ただ、売るかどうかまだ気持ちに揺らぎがあるようでしたら、まずは机上査定を受けてみるといいと思います。 2つの査定方法を使い分けてみてください。
机上査定…手っ取り早くだいたいの金額を提示してもらいたい場合におすすめ。
訪問査定…売却を近々行うという方にベスト。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

売却額は査定額で決まるは間違い!

最近は不動産一括査定サイトなども人気で、不動産会社からすぐに査定額の結果をもらうことができますが、 ここでいう査定によって算出される金額は、これくらいの価格で売却できるのでは?という予想額であるため、買取価格ではありません。

 

査定額は、不動産会社が提示することになりますが、会社によって見込みが異なるため、 提示された金額が手に入るという保証もありません。 物件により差がありますが、 最近のケースとしては、査定額よりもだいたい2割程度下回る金額で売却する事もあります。

 

すべては状況次第でもあるため、査定よりもずっと上の金額で売れたなんて人もなかにはいますが、 通常は「(査定よりも)低い価格になることが多い」ということを認識して契約を考えましょう。
ページの先頭へ戻る