仲介と買取ではどのへんが違う?

仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

仲介業を行う不動産屋さんは、買い手と売り手の間に入って自宅の売買を仲介することを言います。 売買仲介では、買い手を見つけなければならないので、売却までも道のりもやや長くなります。 もしあなたが高く時間をかかっても高く自宅を売りたいと考えているならば、買取よりも高く自宅が売れる可能性のある仲介で依頼すべきです。

 

少しでも高値で売却したい方にお勧めです。

仲介の説明図


買取りとは

そして、買取業務とはあなたが売却したい自宅を、不動産屋さんが直接買い取る業務のことです。 買取業務のメリットは、なんといっても一連の流れが速いという点で、 あなたの手間がかからないばかりか、時間もかかりません。 しかし仲介に比べると2.3割ぐらい売却価格が安い傾向です。

 

今すぐに売却したい人にオススメです。

買取の説明図

不動産会社に買い取ってもらうこともできる

買取査定とは不動産会社が直接あなたの自宅を買い取ってもらうための査定で、今すぐにでも自宅売って現金にしたい人におすすめです。 不動産会社による仲介となると買い手を見つけるのに、 時間がかかることケースが多く早くても3か月程度の月日がかかります。 ところが不動産会社による直接買取ならば、最短でも2週間程度で不動産売買が終わってしまいます。 多少価格が安くなったとしても、一日でも早く不動産を売りたいと考えている方は、 一つの方法として不動産買取を受けてみるというのもいいでしょう。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

ページの先頭へ戻る